中央クリニックについて

沿革

1979年10月 医療法人宏人会のセンターとして中央病院開設
人工透析装置32台 入院ベッド22床
診療科として、内科、外科、泌尿器科、神経科、眼科
1987年10月 入院機能を宏人会木町クリニックに移転。
外来透析を主に、内科(腎臓、循環器、消化器、高血圧、内分泌・代謝)、泌尿器科(各診療科は曜日により実施)
2007年 1月 CKDセンター設置(腎検診、透析導入前腎疾患を専門に扱う)

透析形態

月 水 金 日中9:00~ 夜間17:00~
火 木 土 日中9:00~ 夜間17:00~
透析ベッド数 81床

スタッフ

医師 常勤 関野 慎(内科)
神保 雅幸(外科)
猪岡 英二(循環器内科)
非常勤 5名
看護師 38名
臨床工学技士 19名
薬剤師 1名
放射線技師 2名
臨床検査技師 13名
クラーク 3名
事務職 20名

院長挨拶


医療法人 宏人会 中央クリニック院長
関野 慎

仙台駅東口に地上7階地下1階の白いタイル張りのビルが当クリニックです。
このビルを建築時には周りに大きな建物は何もなく、当クリニックが大変目立っていました。しかし昨今大きなビルが軒並みに出来てしまい、当クリニックはビルの谷間に挟まれた感がします。
当院は主に外来血液透析専門の医療機関です。透析患者さんは地元だけでなく駅周辺の企業にお勤めの患者さん、JRを利用の遠方よりの患者さん等、約290名が1日置きに治療に来られています。
外来診察は一般内科、(腎臓、循環器、消化器、高血圧、内分泌・代謝、CKDセンター)()内は曜日により診療。
更にIKEAJ(International kidney Evaluation Association Japan)に加盟し、国際的に展開している腎臓病早期発見推進構造(Kidney Evaluation program:KEEP)事業の東北の中核施設として、腎臓病の検診を実施してます。
職員は積極的に医学会や研究会へ参加、演題発表、研修等行い、透析関連を中心とした最新の情報を全員で勉学に心がけています。
安全で思いやりのある医療を目指し、特に透析医療においては患者さんの重症度、生活環境や心理的状況を考え、まさに全人的医療を行っています。

HOME宏人会について木町病院中央クリニック長町クリニック石巻クリニック災害時における緊急連絡職員募集個人情報保護方針