中央クリニックについて

沿革

1979年10月 医療法人宏人会のセンター施設として、宏人会中央病院開設 一般病床22床、透析
装置32台,診療科として内科、外科、泌尿器科、神経科、眼科
南仙台クリニック及び臨床検査センターを廃止し,同機能を宏人会中央病院に統合
1985年03月 病床を16床増設、病床数38床となる。
1987年10月 入院機能を宏人会木町クリニックに移設、宏人会中央クリニックとなる。
外来透析を主に内科(腎臓、循環器、消化器、高血圧、内分泌・代謝)、泌尿器科、透析装置44台
1988年01月 5階旧病室を透析室に改装(36床増設)、透析装置80台
2007年01月 CKDセンター設置(腎検診、透析導入前腎疾患を専門に扱う)

透析形態

月 水 金 午前9:00~ 夜間17:00~
火 木 土 午前9:00~ 夜間17:00~
透析ベッド数 81床

院長挨拶


中央クリニック
院長 金澤 雅之

 宏人会中央クリニックでは、「皆さんが日々元気にお暮らしできますように」を目標として診療を行っています。
 当クリニックでは、慢性じん不全患者さんに対する血液透析療法を中心に、そのほか保存期じん不全、高血圧症、糖尿病、ホルモン分泌異常症、泌尿器科疾患などに対する専門外来診療を行っています。
 我が国の血液透析技術の進歩は目覚ましく、当クリニックでも積極的に最新の血液透析法、薬物療法、栄養療法、運動療法を取り入れています。その取り組みにより著しい延命効果がもたらされ、導入後30年を超えて元気に血液透析療法を続けておられる患者さんも珍しくありませんし、40年以上の患者さんもおられます。
 ある日、我々の取り組みを後押ししてくれる嬉しい出来事がありました。私は医学部の学生時代から40年以上もバドミントンをしています。ある時、大会に向けての練習会へのお誘いがあり、初めての練習会に参加しました。そこで、なにやら人一倍大きな声を出し元気に練習している一人の女性に目が留まりました。その様子から明らかに上級者です。そして次の瞬間、ラケットを握る彼女の腕を見て驚きました。その腕には一筋の蛇行した太い血管が浮き出ていたのです。そう、彼女は血液透析患者さんでした。お話しを伺うと、血液透析を受けるようになってからめっきり体力の衰えを自覚するようになり、周りの透析患者さんのように安静にしているばかりでは体力が維持できないと思ったそうです。そこで若い頃にかじったことがあるバドミントンを再開して普段から体力作りを行うようになりました。バドミントンを選んだのはたまたま若い頃に使っていたラケットを持っていたからで、運動の種類は楽しめるものなら何でも良かったそうです。また、運動を楽しむためには血圧、血色素、カリウム、カルシウム、リン、透析効率などを好ましい状態に保つことがとても大切とお話し下さいました。今では透析導入前と同じように動けるし、大会にも出場できるようになりましたと元気に答えて下さいました。まさに当クリニックが目指す血液透析診療の望ましい姿をお示しいただいたようで、我々にとって非常に勇気づけられる出来事でした。
 当クリニックの診療体制は、応援医師を含め内科医9名、外科医1名、泌尿器科医1名です。病状を専門的に精査して診断し、それに応じた有効な治療法を選択して行っています。過去1年間の透析療法以外の外来患者さんは延べ6,250人でした。そのうち高血圧症患者さんが3,151人、保存期じん不全患者さんが1,777人、糖尿病患者さんが289人です。当クリニックで血液透析療法をお受けの患者さんは267人おられます。これは宮城県内の血液透析患者さんの約4.6%にあたり、当クリニックは県内有数の透析施設として知られています。
 まだまだ、体調が優れず、元気がない患者さんを目の当たりにすることが少なくありません。当クリニックでは、一人でも多くの患者さんが元気を取り戻すことを目指しています。「元気にお暮らしいただくために」当クリニックをご活用なさってみませんか。

HOME宏人会について木町病院中央クリニック長町クリニック石巻クリニック災害時における緊急連絡職員募集個人情報保護方針