木町病院について

沿革

1978年 3月 医療法人宏人会木町クリニック開設
人工透析装置15台 職員数15床
1987年10月 木町クリニックを増改築、宏人会中央病院(宮城野区榴岡)の病院機能を移設し、宏人会木町病院(一般病床59床、透析装置40台、職員数105名)として新たに病院施設として統合された。
(宏人会中央病院は宏人会中央クリニックとして外来部門のみの施設へ移行)
1996年 2月 外来及び透析室増改築(透析装置54台)
2011年 4月 新館(透析装置18台増設)を増築、病床数53床(うち結核患者収容モデルルーム1床)、透析装置72台、職員数約110名

病院機能

(施設基準)
基本診療科の施設基準

地域一般入院基本料1
看護補助加算1 夜間看護体制加算
医療安全対策加算2 医療安全対策地域連携加算2
感染防止対策加算2 患者サポート体制充実加算

特掲診察科の施設基準

薬剤管理指導科 医療機器安全管理科1
検体検査管理加算Ⅱ CT撮影(16列以上64列未満)
人工腎臓(慢性維持透析を行った場合1) 導入期加算2
腎代替療法加算 下肢末梢動脈疾患指導管理加算
輸血管理科Ⅱ 輸血適正使用加算

(指定医療等)
生活保護指定医療機関
結核予防法指定医療機関
被爆者一般疾病指定医療機関
難病医療費助成指定医療機関
指定自立支援医療機関(更生医療・育成医療)

(指導施設)
日本透析医学会教育関連施設

院長挨拶

 2008年、東北大学病院・腎・高血圧・内分泌内科から宏人会・中央クリニック院長に着任、そして2015年4月より宏人会・木町病院・院長に就任しました。大学では高血圧・内分泌・代謝・腎臓学を専攻しておりました。これまでの経験を生かして透析医療や内科一般の診療に従事していきたいと思っています。座右の銘は「自我作故」(我よりいにしえをなす)という中国・宋時代の言葉です。みずからが過去にとらわれず、良きもの・新しきものを積極的に取り入れて生きてゆくという行動規範を表した言葉です。このように科学の日進月歩に遅れないように医療を実践したいと心がけております。しかしながら、透析医療は総合的医療であり、科学的な医療だけでない社会福祉的な領域もカバーしつつ広い立場から患者さんをケアする必要があります。職員相互の和をもって一丸となり、患者さんの立場・人間性を尊重しつつ、総合的で満足度の高いケアを心掛けたいと思います。入院対象患者さんは腎臓疾患・透析患者さんのみならず、一般患者さんも受け入れています。入院の適応も広くして地域の入院ニーズにお応えいたします。どうぞよろしくお願いします。

木町病院
院長 竹内和久

医師紹介

 現在、常勤医師6名で内科医師(腎臓内科)3名、泌尿器科医師2名、外科医師1名。非常勤医師としては、宏人会の他院医師が透析回診等の支援、大学等からの派遣医師が夜間透析管理や当直診療に当たっております。

診療特徴および診療方針:

  • 外来維持透析治療および透析患者の入院治療
  • 透析患者のシャント・トラブルの加療
  • 慢性腎臓病(CKD)患者の治療および末期腎不全患者の透析導入
  • 泌尿器系疾患患者の外来治療

常勤医師

職 名 氏 名 専門分野 所属学会・専門医資格等
院 長 竹内 和久 腎臓内科・高血圧・代謝・内分泌・透析 内科学会(全国評議員,認定医)
腎臓学会(学術評議員)
高血圧学会(評議員,指導医,専門医,FJSH)
副院長、
腎臓内科医長
兼検査部長
浦江 淳 内科
腎臓内科
透析医療全般
内科学会(総合内科専門医)
透析学会(指導医,専門医)
腎臓学会(腎臓専門医)
医局長、
泌尿器科医長
籏福 文彦 泌尿器科
透析医療全般
(血液・腹膜透析含)
バスキュラーアクセスインターベション
泌尿器科学会(指導医,専門医)
死体解剖資格認定医
腹膜透析医学会
外科医長 安田 幸治 一般外科
外科感染症
透析
外科学会(専門医)
救急医学会(専門医)
抗菌化学療法学会(認定医)
がん治療学会(認定医)
ICD認定医
マンモグラム読影医
泌尿器科副科長兼栄養課長 黒本 暁人 泌尿器科

透析医療全般

バスキュラーアクセスインターベション

泌尿器科学会(専門医)

泌尿器腫瘍学会

泌尿器内視鏡学会

ミニマム創学会(施設基準医)

がん治療認定医

病態栄養学会

透析学会

内科医師 浦江 京子 内科
腎臓内科
透析医療全般
内科学会
透析学会
HOME宏人会について木町病院中央クリニック長町クリニック石巻クリニック災害時における緊急連絡職員募集個人情報保護方針